廣瀬 未来

自分たちの商品が一つ売れるだけでこんなに嬉しいんだというのを感じました。

会社員 (参加当時)

廣瀬 未来さん
774第1期参加者

ー774に参加しようと思った経緯を教えてください。

ゼロからイチを作る経験をしたことがなかったので、774でその経験ができると知って参加を決めました。ちょうどチームビルディングについても学びたいと思っていので、迷わず応募しましたね。特に、「今は名無しでもいい」というメッセージが印象的でした。他の起業家向けプログラムってもうすでに起業している方が対象だったりとか、ビジネスプランが出来上がっているような方が対象だったりする中で、全てがゼロから始められる 774なら私にもできるかもと思いました。

ープログラム期間中に印象に残った出来事や、言葉は何でしたか?

コーチングデイの時、MTAのジョンさんに「やるかやらないか、その判断ができるほどまだ経験を積んでいない。だからまずやってみるしかない」と言われたのがとても印象に残っています。やるとか、やらないとか判断するほどの経験をまだ私たちはしていないし、とりあえず何かをやらないと、と思うようになりました。こうやって MTAの方からコーチングを受けられることは、オンラインだからこそで、直接お話させていただくっていうのもすごく貴重な時間をいただいているなと思いました。メンバーでミーティングしているだけでは分からないようなことも、違う視点でアドバイスをくださって、とても良かったです。

また、全体を通して、自分たちの商品が一つ売れるだけでこんなに嬉しいんだというのを感じました。やっぱり苦労して作った分、どうしたらお客様が喜んでくれるだろうとチームメンバーと考えたり、それが売れる度にチームみんなで喜ぶってなかなかできない経験だなと思いました 。

ー774に参加したことで得たことはなんですか?
また、774の参加前後で自身の変化などあれば、教えてください。

今まで他の人の意見に対して何か違和感を感じても、黙って「いいですね」と言ってしまう自分がいました。774ではもっと自分の意見を言えるようになりたい、というのをすごく意識してましたね。やっぱり最初は言えなかったんですけど、最終的にチームで違和感を共有したことで大きく前進できました。

また、私は今まで人に仕事を任せたり、お願いしたりすることがあまり出来ずに、しんどくなることが結構ありました。今まではできる限り頑張ってきてたけど、774では、本当に自分ができないことや苦手なことが出てきて、ゼロからイチを作っていく中で自分に出来ないことの方が多いのに気づきました。そこに気づけたことで「私これ出来ないからやってほしい」とか「ちょっと今体調が悪いからここやってほしい」とか、周りに依頼ができるようなったんですよね。そこが私の中ですごく大きく変わったことです。774に参加したことがきっかけで、自分の仕事の仕方にいい意味で大きく影響が出て、人に頼めるようになったとか、仕事を振り分けられるようになったというのは、すごく大きかったですね。そういう部分も含めて、774に参加して本当に良かったと思っています。

ー774への参加を考えている方へメッセージをお願いします。

とにかくお勧めです!の一言です。普通に生活していてゼロからイチを作る経験はなかなかできないですし、チームの組み立て方を学べたり、3ヶ月で0→1のサイクルを回してみるっていう経験ができて本当に参加して良かったなと思います。ちょっとでも気になって、どんなことやるんだろうとか、何か自分を変えるきっかけが欲しいと思ったら、ぜひ飛び込んでみて欲しいです。