僕には何かを生み出した経験がない。

私には一緒にプロジェクトを立ち上げる仲間がいない。

そして、今はまだ、夢や目標、それを実現する道筋も

はっきりとは描けていない。

だけど、今、走り出したくて、体がうずうずしている。

774 -FIELD LEARNING- は

そんな、まだ名もなき状態の"あなた"のために生まれました。

「今、名無しであること、それは無限に挑戦できる可能性。」

まだ何者でもないからこそ

世界中を自由に探索し、 何にも縛られることなく、

未来を創造することができる。

まだ気づいていない自分の力、可能性を広げられる。

この信念で、774(NANASHI)は、あなたを応援します。

 

ちょっとエキセントリック。

だけど未来が詰まった、学びと超実践の世界へようこそ。

プロダクトもチームも全てがナナシ。

さぁ、「無」から始めよう。

個人よりチームで大きなビジョンを実現する力を。

ゼロからツクルを学ぶ3ヶ月 / 774 -Field Learning- (オンライン型)

2020年4月25日(土) 開講

第1期のエントリーは締め切らせて頂きました。沢山のご応募をありがとうございました。

第2期の開催日程は未定となっておりますが、 募集を開始をする際には、公式フェイスブックページにて
ご案内しますので、ご興味ある方はそちらのフォローを頂ければと思います。
★Facebook :https://www.facebook.com/774-Field-Learning--113590660272532/

​What's 774

​プログラムについて

 

774はこれまでに1500名を超える起業家やチェンジメーカーの育成・輩出、

10000人以上のリーダー人材育成を行ってきた認定NPO法人ETIC.と、

スペイン・バスクを拠点に置き、設立から10年、世界8ヵ国で500名を超える

チームアントレプレナーを輩出するMTA JAPANがプロデュースしています。

「学習」と「実践」を同時に展開する(Learning by doing)、

世界で今注目の学習モデルのもと、“正解”や“知識”を教える場、

先生の存在を前提とした場とは一線を画したカリキュラムを持ちます。

修了要件は、チームでプロダクト・サービスをつくり一定の売上を稼ぐこと。

3ヶ月のプログラムでは、初めて出会う参加者同士でチームを組み、何も無いところからプロダクトやサービスを生み出し、それを実際に売っていきます (ラーニングジャーニー※) 。

オンラインでベースとなる全てのコンテンツを受け、各チーム毎に

必要に応じフィールドに飛び出し、「ゼロからツクル」を学んでいきます。

​このプロセスを通じ、チームでより大きなインパクトを生み出せる力を培い、
まだ見ぬ自分の可能性を発見し、資質や強みを高めていくのが774です。


 

※様々な地域や国でビジネスを起こしたり、自分の商品やサービスを売りながら

   自分にとって必要な学びを得る学習モデル

 
Feature

​774の特徴

名無し歓迎

774参加に特別な実績や明確な志・

夢は必要ありません。このプログラムを通じて、自分の資質や強みを

再発見し、なりたい自分へと進化してください。

​世界基準の学習モデル

個人よりもチームで大きなビジョンを達成する人材の育成を世界8ヵ国で展開中のMTAと、1500名を超えるリーダーを輩出するETIC.の連携企画。学習と実践を同時かつ、チームで行う、世界で注目の学習モデル。

​教室は地球全土

提供するコンテンツは全てオンライン。

また、キャンパスも教室もない。舞台は日本を含めた地球全土。時空やお互いの違いを超えて、チームでプロダクト・サービスを開発し、一定額稼ぐことが修了要件です。

「ゼロからツクル」を学ぶ

「チーム」「プロダクト・サービス」「顧客・市場」を創造するための確かな実践力や、必要となる様々なスキル・知識の獲得を支援します。

オンライン市場に出店

チームでつくったモノやコトを、オンライン上に発生する市場の中で売っていきます。市場を訪れる人とのやり取りを通じ、商品が売れ、顧客が生まれる感覚を磨いていきます。

最優秀チームに選出されたチームには、MTAのあるスペイン・バスク等への訪問を含むラーニングジャーニーに対し、航空券費用30万円を補助します。(※)

ラーニングジャーニー奨励金

※プログラム中のチーム活動をサポートするオンライン・ツール (Zoom, slack等) を参加者全員に提供します。

※ラーニングジャーニー奨励金の補助は、世界的なコロナウイルスの感染拡大が収まったタイミングに渡航することを条件とする。
 また、収束状況によって、航空券購入補助とは異なる形で支給する場合もあり。

<774が他のプログラムやビジネススクールと異なる点>
実社会の中での超実践と理論の往復:自分の力で、また、今いる場所や組織にとどまらず、日本中、

 世界中で、新たな価値や仕事をつくっていける力を身につけていくための実践と学習を同時に展開する。
チームアントレプレナー:個人よりも、チームで大きなビジョン、
インパクトを実現できるリーダーシップや

 チームビルディング、経営管理、販売戦略等、様々な能力の習得に重きが置かれたカリキュラム編成
オンライン:実践カリキュラム含め、全編オンラインがベース。地球上のどこからでも参加が可能。

Curriculum

774の学習と実践

 

名無しであったあなたが、何者かになっていく。

個人よりもチームで大きなビジョン・インパクトを実現していく力、

ゼロからツクル力を培う3ヵ月。

修了要件は、初めて出会う参加者同士でチームをつくり、

プロダクト・サービスを0から生み出し、

3か月で20万円の売上実績をつくること!

プログラムガイドをダウンロードください。

PDF (3.3MB)

​※2020年4月1日 Ver.1.1に更新

【カリキュラム概要 ​(774での学び方)】

オンラインをベースとした「ラーニングジャーニー」と「チームラーニング」を軸に、実践と学習のサイクルを

ダイナミックにまわしていくことで、あなたにとって本当に必要な学びを得ていきます。

1.

初めて出会う参加者たちと3人1組のチームをつくります。その後、すべてのアクティビティを、オンラインでの活動をベースとし、各チームで行っていきます。

2.

チームで0からプロダクト・サービスを生み出し、3ヶ月間で20万円の売上実績をあげる

 【ラーニングジャーニー】を展開。ゼロからツクルを学ぶ実践を進めます。

3.

チームでの実践を進めるために必要な最低限の知識やスキルは【オンラインコンテンツ】で

獲得していきます。

4.

キックオフから1ヶ月後に開催される【オンラインマーケット】。新しいモノやサービスとの

出会いを求め、たくさんの人がこの場を訪れます。各チームは、まずはこの日を目がけて、

自分たちが売るものを開発していきます。

5.

実践や創造的な活動は最高の学びです。各チーム毎に、自分たちのプロダクトやサービス、

販売戦略、経営管理、チームでインパクトをより高めていく方法など、事業を運営する上での

課題や問題について対話する中で、深い学びを得ていきます【チームラーニング】。

6.

自分に必要な本や論文を読んだり、専門家を訪問するなどして得られた理論や知識を実践で

即活用することを774では求めます。理論や知識は、実践で即活用し、その成果を共有。

チームの垣根を超えて全体として、学びを深め、高め合っていきます【Access to theory】。

7.

目標の達成に向けて、774コーディネーター陣が、チーム作りや商品づくり、個々人の成長や

学びをサポートしていきます【コーディネーター】。

【オンラインで実施するコンテンツ日程

※英語で実施されるコンテンツについては、すべて通訳がつきます。

​※詳細は、上記よりダウンロードできるプログラムガイド(P18~P20)をご覧ください。

 
Special Supporters

「Learning by Doing」「チームアントレプレナー」「Team Leraning」といった考え方に基づき、成果やインパクトを生み出せるチームの作り方、チームメンバーとの関わりを通じて個人としても成長するための在り方、学び方などについて、本場MTAで実際に行われているセッション等をスペインからオンラインで実施いただきます。

ホセ・マリ・ルザラガ 氏

Mondragon Team Academy Co-Founder

Ashoka Fellow

ジョン・アンデル・ムサタディ氏

MTA JAPAN Founder / JAM Global 代表取締役

and more

(​更新情報が整い次第、お知らせします)

774 Coordinators

各チームが実現したい目標を達成できるよう、また、参加者の皆さんが個人として力強く進化・成長を遂げられるように、コーディネーターはそれぞれの専門性や立場から様々な支援を行います。“正解”や”知識”を教えるという意味での先生のいない774において、各チームのラーニングジャーニーとチームラーニングを後押ししていきます。

​石野 宏明

​小泉 愛子

​関根 純

​佐々木 健介

​川端 元維​

​山崎 光彦

Staff

Kick off Day ①  

4月25日(土)

13:00~22:00 /@渋谷&六本木

​稲福 李

​原 舞花​

​高橋 由衣

 
Interview

修了者の経験談

774で得た学びは、

自分の血肉となっている感覚があった。

永易 黎於さん / 大学生(参加当時)

774第0期参加者

武尾 昭秀さん / 会社員(参加当時)
774第0期参加者

自分の事業を立ち上げる姿勢や

マインドが前向きになりました。

川島 愛菜さん / フリーランス(参加当時)
774第0期参加者

みんなの想いが詰まったプロダクトに

私はどんな力を発揮できるだろう。


[1]Learning by Doing入門

ラーニングジャーニーでの学び方を学ぶ
[2] Create a team 理論編
[3] Create a team 実践編


<セッション担当>
・MTA Japan Founder /

JAM GLOBAL代表取締役社長
 ジョン・アンデル・ムサタディ 氏
・NPO法人ETIC.コーディネーター

 
Entry

​プログラム参加の流れ​

エントリー締切:2020年4月13日 (月) 23:59

※参加定員に達し次第、エントリー期限を待たずに受付を終了します。

① 事前エントリー​​

1

まずは事前エントリー(名前・メールアドレス)を行っていただき、本エントリーフォームを取得ください。なお、事前エントリーいただいた方には、774卒業生から体験談を聞ける「オンライン座談会」(任意参加)に後日ご招待します。

​② 本エントリー

2

本エントリーフォームに必要事項を記入するとともに、プログラムについての質問があればご入力ください。フォーム入力事項は、個別面談の参考情報として活用させていただきます。(エントリー締切:2020年4月13日(月)23:59)
 

​  個別面談 (オンライン)

3

本エントリー後、メールにて個別面談の日程調整に関するご連絡を差し上げます。

 

個別面談は、​プログラムへの期待値にズレがないかを確認していくと共に、774期間中の学びがより深まるように774をどう活用していくかについて774コーディネーターと話し合うステップです。プログラムへの最終的な参加判断は面談の上、行っていただくことが可能です。

① プログラム参加​​

4

2020年4月25日(土)~7月26日(日)までの約3ヶ月間が、ラーニングジャーニー、

チームラーニングを進めていくプログラム期間です。 

<オンラインでの合同コンテンツ開催日>

 - 4/25(土)13:00-21:00  Kick off Day①
 - 4/26(日)13:00-19:00  Kick off Day②
 - 5/26(火)18:00-22:00  Online Market Day
 - 5/30(土)10:00-18:00  Bootup Day
 - 7/26(日)13:00-18:00  Re:starting day

※英語で実施されるコンテンツについては、

   すべて通訳がつきます。

① ラーニングジャーニー(海外編)

5

最優秀チームに選出された(3人)チームは海外へ。スペイン・バスクにあるMTAへの訪問を含むラーニングジャーニーに対して航空券費用として30万円を補助します。なお、コロナウイルスの感染拡大が収まったタイミングに 渡航することを条件とし、また、収束状況によって、航空券購入補助とは異なる形で支給する場合があります。

※自分やチームの意思に基づいて実施するため、参加しないという選択も可能です。

① プログラム終了​​

6

チームを存続させてラーニングジャーニーを継続するも良し、解散するも良し、

それぞれの道へと歩みを進めてください。

 
Application requirements 

​募集要項

今期プログラムの募集人数は、15人前後を定員としています。

・今は何もないけど、この先の人生で何かを生み出し突き進みたい意欲がある方

   (明確な事業アイデアや事業計画を持っていなくてOK)。

・自分の可能性を再発見し、資質や強みを最大限に活かし、将来、新しい価値を

   生み出す仕事をしていきたい方。

・国や地域、物理的に離れた場所にいることで生じる壁、また、個性や人種、

   バックグランドの違いなどを乗り越え、個性の異なる様々な他者と協働、共創し、

   世界や地域に対してインパクトある価値を生み出せるようになりたい方。

・チームづくり、チーム運営に課題を感じた経験のある方。

・プロダクトやサービス、プロジェクト、チームを0からつくった経験がまだなく、

   実践経験を積みたい方。又は、経験はあるが、”ゼロからツクル”能力を

   さらに磨きたい方。
 

・これまで知識獲得や座学中心に起業や経営、事業開発を学んできたが、

 そのスタイルに限界を感じ始めている方。
 

・大きなインパクトを生み出す共創的なチームをつくるための、認知スキル、

 感情スキル、学習スキル、確かな実行力、不確実な未来と今を拓いていく

 リーダーシップや経営に関する様々な能力を身につける機会。
 

・世界で注目される最先端の学習モデルの中で、自身の資質や強みを再発見し、

 最大限に高める機会。
 

・「学習」と「実践」を同時に進めることで、様々な理論や必要な知識の習得を

 加速させる機会。
 

・日本、世界で2000名を超える起業家型人材を輩出してきたETIC.とMTAが贈る、

 実績に裏付けられたメソッドを受ける機会。

 

・今はまだ名無しかもしれないあなたが、何者かになっていくための成長機会。
 

・プログラムガイドをご確認いただき、プログラムのコンセプトや趣旨に沿って

 ご参加頂ける方。また、他の参加者と積極的に関わり合いながら切磋琢磨し、

 学び合い、高め合っていく意思のある方。

 

・以下にある、全てのオンラインコンテンツ実施日への参加が可能であること。
 - 4/25(土)13:00-21:00  Kick off Day①
 - 4/26(日)13:00-19:00  Kick off Day②
 - 5/26(火)18:00-22:00  Online Market Day
 - 5/30(土)10:00-16:00  Bootup Day
 - 7/26(日)13:00-18:00  Re:starting day

 

・開講特別価格:180,000円 (税込み)
・学割価格:
 - 大学生・専門学校生:100,000円 (税込み)
 - 高校生:50,000円 (税込み)

※期間中にチームであげた売上は、全てチームのものとなります。使い道や分配

   方法についても、各チームで決めることができます。
 

※15歳~19歳で学校に通っていない方 (ex.ギャップイヤー中など)は、

 上記学割価格の対象となります。

※プログラム参加確定後、Kick off Dayまでに参加費 (一部or全額) のお支払いを

 お願い致します。個々の状況に応じて、支払いの時期や分割払いなど柔軟に

 対応することも可能ですので、面談時にご遠慮なくご相談ください。

 

※第1期の最優秀チームに選出された(3人)チームには、スペイン・バスクにあるMTA

 への訪問を含むラーニングジャーニーに対して航空券費用として30万円を補助。

 なお、コロナウイルスの感染拡大が収まったタイミングに渡航することを条件とし、

 また、収束状況によって、航空券購入補助とは異なる形で支給する場合があります。

 (ラーニングジャーニー海外編は、自分やチームの意思に基づいて実施するため、参加

 しないという選択も可能)

 

※プログラム期間中に発生する交通費や食事代については、全て自己負担になります

   のでご了承ください。

 

※最小遂行人数に達しなかった場合、開催を延期・中止させて頂く場合があります。
 

●参加費に含まれるもの:
・全てのオンラインコンテンツ含む、774の全カリキュラムへの参加 (プログラムガイドP18~P20参照)
・slackやzoom等のオンラインコミュニケーションツールの使用 (774事務局より無償提供)
・その他、774事務局が追加提供する任意参加のコンテンツへの参加

●参加費に含まれないもの:
プログラム期間中に発生する交通費や食事代、通信費

​募集人数

参加対象

​(こんな人におすすめ)

774で得られる

​機会や能力

参加条件

参加費

 
Program Founder

プログラム​運営

世界でも、美食の町として名高いスペイン・バスクにあるモンドラゴンチームアカデミー、通称MTAは、2008に設立され、個人よりもチームで大きなビジョンを達成する起業家的人材 “チームアントレプレナー”を多く輩出している大学です。 MTAは、学生が入学直後からチームで会社を設立し一定額稼ぐことが進学要件であり、学生が様々な国・地域へ旅をしてビジネスを起こしていく「ラーニングジャーニー」を大きな特徴としています。設立から10年で500名以上の起業家と30社以上の会社がMTAから生まれ、現在は、スペインのみならず、サンフランシスコ、インド、上海、ベルリン、メキシコにも、MTA流の超実践的プログラムが展開され、世界各地に多くのチームアントレプレナーを輩出しています。

創造的で活力に溢れ、人々が支え合い、課題が自律的に解決されていく社会・地域の実現を目指し、1993年にETIC.は設立されました。ETICは、実践型インターンシップや起業家支援プログラム、先輩起業家や事業パートナーと繋がるコミュニティ、キャリアに関する情報発信などの機会提供を行なっています。そういった機会を通じて、より多くの、アントレプレナーシップ(起業家精神)に溢れる人材が育まれるよう、広い世代に向けたプロジェクトの開発改善に取り組んでいます。

<ETIC.が運営する主なプログラム・メディア>

 - TOKYO STARTUP GATEWAY

 - MAKERS UNIVERSITY

 - 社会起業塾イニシアチブ

 - LOCAL VENTURE LAB

​ - ツクルゼ未来、行動系WEBマガジン DRIVE

              

認定NPO法人ETIC.

Mondragon Team Academy

(MTA JAPAN)

Supporter

logo2_horiz (1).png

Organizer

 

本プログラムに関するお問い合わせは、

NPO法人ETIC.までメールにてご連絡ください。
 

<お問い合わせ先>
特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)

担当:関根、石野、小泉
〒150-0041

東京都渋谷区神南1-5-7APPLE OHMIビル4階
MAIL:
cct★etic.or.jp

※「★」に@を入れてください